本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Walsh-Hadamard Transform の意味 】
出典: アダマール変換 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月12日 (火) 22:41 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

アダマール変換(ウォルシュ–アダマール変換やアダマール–ラーデマッヘル–ウォルシュ変換、ウォルシュ変換、ウォルシュ–フーリエ変換としても知られている)はフーリエ変換の一般化の1つである。直交行列、対称行列、対合、線形写像に2のm乗の実数(もしくは複素数、しかしアダマール行列は実数である)上で作用する。
アダマール変換はサイズ2の離散フーリエ変換 (DFT) から構築されているとみなすことができ、実際、サイズが {\displaystyle 2\times 2\times \cdots \times 2\times 2} {\displaystyle 2\times 2\times \cdots \times 2\times 2}の多次元離散フーリエ変換と等価である。これは任意の入力ベクトルをウォルシュ関数の重ね合わせに分解する。
この変換はフランスの数学者ジャック・アダマール、ドイツの数学者ハンス・ラーデマッヘル、アメリカの数学者ジョセフ・L・ウォルシュにちなんで命名されている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

アダマール変換 (Wikipedia)

【 Walsh-Hadamard Transform の同義語と関連語 】
< 1 >
アダマール変換 Hadamard transform Hadamard Transformation Hadamard変換
Walsh-Hadamard Transform アダマール・トランスフォーム アダマール・ラーデマッヘル・ウォルシュ変換 あだまーるへんかん
ウォルシュ・アダマール変換 ウォルシュ・フーリエ変換 ウォルシュ変換 ハェダゥマゥードゥ・トゥラェンスフォーァム
















ジャック・アダマール ジョセフ・L・ウォルシュ ハンス・ラーデマッヘル




























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム