本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 WD の意味 】
出典: ウォッチドッグタイマー 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年4月15日 (日) 06:28 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/ ウォッチドッグタイマー (watchdog timer) は、コンピュータシステムにおいて定期的に発動することで、システムが機能し続けていることを確認させるためのタイマーである。

[概略] メインのプログラムがハングアップなどの不正な状態に陥ってしまい、規則的なウォッチドッグ操作(「犬をなでる」とも呼ばれる「サービスパルス」の書き込み)が行なわれなかった(タイムアウト)場合に、例外処理が実行される。例外処理は、ハングアップしたシステムを正常動作に戻すことを目的としてシステムをリセットする場合が多いが、電源切断によりシステムを強制停止させるものや電源を切断した後に再投入するものもある。確実さのため、ハードウェアに組み込まれることも多いが、ソフトウェアで実装することが必ずしも無意味ではない。「ハードウェア的には健全に見えるが、ソフトウェア的には機能していないシステム」もまた、異常として検出されねばならず、そのためには何らかのソフトウェアウォッチドッグタイマーが必要である。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 WD の同義語と関連語 】
< 1 >
HDDベンダー http://www.tekwind.co.jp/ http://www.wdc.com http://www.wdc.com/jp/
WD WDC Western Digital Western Digital Corporation
Western Digital社 テックウインド















































【 WD の同義語と関連語 】
< 2 >
RESET WatchDog watchdog watchdog timer
WD WDT ウォッチドッグ ウォッチドッグ・タイマ
ウォッチドッグ・リセット ウォッチドッグタイマ ウォッチドッグタイマー ウォッチドッグ機構
リセット 監視 監視者 見張り番
番犬 番犬機能









再起動 初期化





























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム