本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Web application の意味 】
出典: ウェブアプリケーション 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年11月1日 (水) 07:16 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ウェブアプリケーション(Web application)は、インターネット(もしくはイントラネット)などのネットワークを介して使用するアプリケーションソフトウェアである。多くの場合、これらのアプリケーションは、Webブラウザ上で動作するプログラミング言語(たとえばJavaScript)によるプログラムとWebサーバ側のプログラムが協調することによって動作し、ユーザはそれをWebブラウザ上で使用する。ウェブアプリケーションの一例としては、ウィキペディアなどで使われているウィキやブログ、電子掲示板、銀行のインターネットバンキング、証券会社のオンライントレード、電子商店街などネット販売のショッピングカートなどを挙げることができる。 ・・・
出典: Adobe AIR 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年4月27日 (土) 04:44 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Adobe AIR(アドビ・エアー)は、アドビシステムズが開発する、デスクトップ・リッチインターネットアプリケーション (RIA) およびスマートフォン・タブレット・スマートテレビ向けアプリケーションを開発・実行するための複数のオペレーティングシステムに対応したランタイムである。Adobe Flash、Adobe Flex、WebKitを採用することによりHTML、Ajax などのウェブ開発技術を利用することができる。当初の製品名はAdobe Integrated Runtime(略称:AIR)だったがこの呼称はごく初期に使われただけで、今やアドビ自身さえ用いる事はない。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Adobe AIR (Wikipedia)

【 Web application の同義語と関連語 】
< 1 >
Active Server Pages Java EE Java Servlet mod_php
RIA Web application Webアプリ Webアプリケーション
Webアプリケーションプログラム ウェブ・アプリケーション ウェブアプリ ウェブアプリケーション
リッチインターネットアプリケーション














CGI




























【 Web application の同義語と関連語 】
< 2 >
アドビ・エアー Adobe AIR Adobe Integrated Runtime AIR
RIA アドビ・インテグレイテッド・ランタイム アドビエアー エアー




















Adobe Flex Apollo Flash Web application
ウェブアプリケーション デスクトップ・リッチインターネットアプリケーション ランタイム リッチ インターネット アプリケーション
リッチ・インターネット・アプリケーション リッチインターネットアプリケーション





















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム