本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Web2.0 の意味 】
出典: Web 2.0 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年1月17日 (水) 03:04 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Web 2.0とは、2000年代中頃以降における、ウェブの新しい利用法を指す流行語である。2005年に発祥し、その後2年間ほど流行した。ティム・オライリーによって提唱された概念であり、狭義には、旧来は情報の送り手と受け手が固定され送り手から受け手への一方的な流れであった状態が、送り手と受け手が流動化し、誰もがウェブサイトを通して、自由に情報を発信できるように変化したウェブの利用状態のこと。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 Web2.0 の同義語と関連語 】
< 1 >
Web 2.0 Web 2.0アプリケーション Web2.0 Webサイト・サービス
YouTube YouTube Live YouTube Space ウェブ・ツー・ポイント・オー
ウェブ2.0 ウェブツーポイントオー ウェブツーポイントゼロ ウェブにーてんゼロ
ユーチューブ ようつべ 次世代Web 用津辺












Tim O'reilly ティム・オライリー





























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム