本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Webコンテンツフィルタリング の意味 】
出典: 統合脅威管理 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年1月31日 (水) 07:07 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

統合脅威管理(とうごうきょういかんり、英語:UTM;Unified Threat Management)は、コンピュータウイルスやハッキングなどの脅威からネットワークを効率的かつ包括的に保護する管理手法。ファイアウォール、VPN、アンチウイルス、不正侵入防御(IDS・IPS)、コンテンツフィルタリング、アンチスパムなどの機能をセキュリティアプライアンスとしてゲートウェイ1台で処理する。そうすることにより、管理者の管理負担も軽減されるだけでなく、導入コストを抑えることもできるというメリットがある。多くのベンダ製品がトランスペアレントモードで導入できるため、既存のネットワーク構成を変更することなく導入が可能となる。また、ASICベースの製品やクライアントライセンス無制限などの特徴を持つものも多い。なお、一定期間(1年間が主流)ごとにライセンス更新が必要な場合が多く、ライセンスが切れると最新パターンファイルを更新することができないため、実質的にただの「箱」となる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ゲートウェイ型製品 (ESET)
アンチウイルスゲートウェイ (ASCII.jp)
統合脅威管理 (Wikipedia)
ゲートウェイ型アンチウイルス (FUJI XEROX)

【 Webコンテンツフィルタリング の同義語と関連語 】
< 1 >
UTM júnəfàɪd θrét mˈænɪdʒmənt Unified Threat Management とうごうきょういかんり
ユーティーエム ユニファイド・スレット・マネジメント ユニファイドゥ・スゥレットゥ・マェニッジメントゥ 統合脅威管理




















Anti-Virus Gateway Webコンテンツフィルタリング アンチウイルス アンチウィルスゲートウェイ
ウイルスゲートウエイ ウイルスゲートウェイ セキュアプロキシー セキュリティ機能
ファイアウォール 不正侵入防御 UTM機器
Unified júnəfàɪd ユニファイドゥ ユニファイド
統合された 一つにした
Threat
θrét スゥレットゥ スレット 脅威
脅し 脅迫



【 Webコンテンツフィルタリング の同義語と関連語 】
< 2 >
ウイルスゲートウェイ Anti-Virus Gateway anti-virus gateway beat-box
virus gateway Webコンテンツフィルタリング アンチ・ウィルス・ゲートウェイ アンチウイルス ゲートウェイ
アンチウイルス・ゲートウェイ アンチウイルスゲートウェイ アンチウィルスゲートウェイ ウイルス・ゲートウェイ
ウイルスゲートウエイ エンティー・ヴァイルス・ゲイトゥウェイ ゲートウェイ型アンチウイルス ディープパケットインスペクション
統合脅威管理 不正侵入防御









gateway Unified Threat Management UTM UTM機器
アンチウイルス ヴァィラァス ウイルス カゥンピュータァー・ヴァィラァス
ゲートウェイ ゲートウェイ・ソフトウェア ゲートウェイソフトウェア コンピュータウイルス
セキュアプロキシー セキュリティ機能 ファイアウォール ユーティーエム
ユニファイドゥ・スレットゥ・マネッジメントゥ














ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム