本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Webブラウザー の意味 】
出典: Microsoft Edge 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年3月10日 (土) 00:48 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)はマイクロソフトが開発しているウェブブラウザである。Internet Explorerの後継としてWindows 10のデフォルトブラウザになった。「現代的なウェブとの相互運用性」を重視し、ウェブ標準に対応したレイアウトエンジンで動く軽量なウェブブラウザになるように設計されている。ActiveXやVBScript、BHO、SilverlightなどのHTML5に準拠しない古い技術が削除され、サポート外となった。CortanaアシスタントやOneDriveといったマイクロソフトの他サービスとの統合が重視され、注釈ツールやリーディングモード機能が提供される。 [機能] Internet Explorerに搭載されていた機能を含め、ブラウザとしては機能が少なくIEと比べても退化している。例えば、ウェブページをファイルとして保存する機能やタスクバーにピン止めする機能、アドオンの拡張などは搭載されていない。また、他のブラウザでは標準となっている貼り付けて移動や文字を選択して右クリックでの検索などの機能も付いていない。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 Webブラウザー の同義語と関連語 】
< 1 >
Edge Microsoft Edge Spartan エッジ
スパルタン マイクロソフト エッジ マイクロソフト・エッジ




















Webブラウザー





























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム