本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Wi-Fi Protected Access 2 Pre-Shared Key の意味 】
出典: Wi-Fi Protected Access 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年1月19日 (金) 02:19 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Wi-Fi Protected Access(WPA、WPA2、WPA3)とは、Wi-Fi Alliance の監督下で行われている認証プログラム。Wi-Fi Alliance が策定したセキュリティプロトコルにそのネットワーク機器が準拠していることを示すものである。また、そのセキュリティプロトコルそのものも指す。WPAプロトコルは、それ以前の Wired Equivalent Privacy (WEP) に対して脆弱性を指摘されたため、その対策として策定された。IEEE 802.11i の主要部分を実装したプロトコルであり、802.11i が完成するまでの間、WEP の代替として一時的に使うために策定された。WPA対応以前の無線LANカードでも(ファームウェアの更新で)機能するよう設計されているが、第一世代のアクセスポイントでは必ずしも機能しない。WPA3が、2018年に策定予定。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 Wi-Fi Protected Access 2 Pre-Shared Key の同義語と関連語 】
< 1 >
Pre-Shared Key PSK PSKモード PWA
PWA2 PWA2パーソナルモード Wi-Fi Protected Access 2 Pre-Shared Key Wi-Fi Protected Access Pre-Shared Key
WPA/WPA2 WPA/WPA2 Enterprise WPA/WPA2 Personal WPA-PSK
WPA2 Enterprise WPA2 Personal WPA2-PSK WPA3
ピーエスケー プリシェアードキー 事前共有キー 事前共有鍵








Wi-Fi ワイファイ





























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム