本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Wi-Fi Protected Access III の意味 】
出典: Wi-Fi Protected Access 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月26日 (火) 06:29 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Wi-Fi Protected Access(WPA)とは、Wi-Fi Alliance の監督下で行われている認証プログラム。Wi-Fi Alliance が策定したセキュリティプロトコルにそのネットワーク機器が準拠していることを示すものである。また、そのセキュリティプロトコルそのものも指す。これまでにWPA、WPA2、WPA3の3つのプログラム及びプロトコルが策定された。

[概要] WPAプロトコルは、それ以前の Wired Equivalent Privacy (WEP) に対して脆弱性を指摘されたため、その対策として策定された。IEEE 802.11i の主要部分を実装したプロトコルであり、802.11i が完成するまでの間、WEP の代替として一時的に使うために策定された。

[WPA3] WPA3-Personal ではWPA-Personal、WPA2-Personalで使用していたPSKに代わり、ユーザの入力したパスワードをSAE (Simultaneous Authentication of Equals)で処理したPMKを利用する。PMK算出後は、従来のWPA/WPA2と同様に4-way handshakeによる鍵交換が実施される。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Wi-Fi Protected Access (Wikipedia)

【 Wi-Fi Protected Access III の同義語と関連語 】
< 1 >
WPA3 Wi-Fi Protected Access 3 Wi-Fi Protected Access III WPA3-Enterprise
WPA3-Personal ワイファイ・プロテクティド・アクセス・スリー





















AES IEEE 802.11i IEEE 802.1X Personal WPA
PMK RC4 Temporal Key Integrity Protocol TKIP
WEP Wi-Fi Wi-Fi Protected Access Wi-Fi Protected Access Temporal Key Integrity Protocol
WPA-TKIP WPA2 WPA2-AES アイトリプルイー 802.11 アイ
セキュリティ通信 ダブリューピーエー ティーキップ ワイファイ
ワイファイ・プロテクティド・アクセス 暗号化通信プロトコル









ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム