本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Wibree の意味 】
出典: Bluetooth Low Energy 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年3月20日 (火) 09:54 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Bluetooth Low Energy (Bluetooth LE, BLE)とは、無線PAN技術である Bluetooth の一部で、バージョン 4.0 から追加になった低消費電力の通信モード。Bluetooth は Bluetooth Basic Rate/Enhanced Data Rate (BR/EDR) と Bluetooth Low Energy (LE) から構成される。従来からの BR/EDR と比較して、省電力かつ省コストで通信や実装を行うことを意図して設計されている。BR/EDR とは独立しており、互換性は持たないが、BR/EDR と LE の同居は可能である。もとの仕様はWibreeという名称で2006年にNokiaによって開発されたものであり、これが2009年12月に Bluetooth 4.0 に Bluetooth Low Energy として統合された。
出典: iBeacon 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年12月19日 (火) 11:45 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 iBeacon(アイビーコン)は、Bluetooth Low Energy ビーコンの一種で、アップルの商標であり、iOS7以降で搭載された低電力、低コストの通信プロトコル、またはその技術を指す。アップルが2013年に発表した。屋内測位システム等に使える。iBeacon機能を搭載したアプリはバックグラウンドで待機し、別途設置されたiBeacon発信機に近接したときに自動的に何らかのアクションを励起するといった動作となる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Bluetooth Low Energy (Wikipedia)
iBeacon (Wikipedia)

【 Wibree の同義語と関連語 】
< 1 >
BLE Bluetooth LE Bluetooth Low Energy blútùθ lˈəʊ énɚdʒi
Bluetooth Smart Wibree ブルゥートゥース・エルイー ブルゥートゥース・ロゥウ・エヌゥジー
ブルートゥース・エルイー ブルートゥース・ロー・エナジー
iBeacon
アイビーコン














Bluetooth Low Energy ビーコン ビーコン 屋内測位システム 近距離通信
近距離無線通信 店内追跡 無線PAN
























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム