本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Windows 10 IoT Enterprise の意味 】
出典: Microsoft Windows 10 IoT 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年2月6日 (火) 06:24 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Windows 10 IoT(ウィンドウズ テン アイオーティー)は、マイクロソフトが開発およびリリースしている、Windowsシリーズに属するエンベデッドシステム用の組み込みオペレーティングシステム (OS) である。IoTはInternet of Things、モノのインターネットの意。

[概要] 従来、組み込み向けWindowsはWindows Embeddedのブランドで提供されてきたが、2015年のデスクトップ向けWindows 10のリリースに合わせて、Windows 10 カーネルで動作する組み込み向けOS製品は Windows 10 IoT と呼ばれることになった。 Windows 10、Windows 10 MobileおよびWindows 10 IoTでは、(プラットフォーム独自の機能を除いて) ユニバーサルWindowsプラットフォーム (UWP) として記述された同一のアプリを動かすことができる。一方、組み込みデバイスの世界においてもクラウドの重要性は増しており、マイクロソフトでは Windows 10 IoT に呼応する概念として、Azure IoTというクラウド側のソリューションも提案している。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 Windows 10 IoT Enterprise の同義語と関連語 】
< 1 >
https://www.microsoft.com/ja-jp/WindowsForBusiness/windows-iot IoT Core IoT Enterprise Microsoft Windows 10 IoT
Windows 10 IoT Windows 10 IoT Core Windows 10 IoT Enterprise ウィンドウズ テン アイオーティー




















Windows 10 カーネル リアルタイムOS 組込み機器向けOS



























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム