本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Windows 3.0 の意味 】
出典: Microsoft Windows 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年6月26日 (火) 14:35 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Microsoft Windows(マイクロソフト ウィンドウズ)は、マイクロソフトが開発・販売するオペレーティングシステム (OS) の製品群。グラフィカルユーザインタフェース (GUI)を採用している。

[概略] 1985年11月に "Interface Manager" というコードネームで登場した。初期のバージョンは独立したOSではなく、MS-DOS上で稼動するGUIを実現するアプリケーションでしかなかった。のちに、GUI環境で先行していた1984年登場のMac OSを追い越して世界のパーソナルコンピュータ市場でトップシェアとなり、2009年10月にはインターネット上で使用されているクライアントの市場シェアの約90%を得た。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 Windows 3.0 の同義語と関連語 】
< 1 >
16ビット用アプリケーション MS-DOS Windows 3.0 Windows 3.1
Windows NT Windows On Windows WOW32 ウィンドウズ 3.1
ウィンドウズ3.1 ワウ32















































【 Windows 3.0 の同義語と関連語 】
< 2 >
Interface Manager Janus Microsoft Windows Modular Windows
MS-WINDOWS MS-Windows Windows Windows 1.01
Windows 1.03 Windows 2.03 Windows 2.1 Windows 2.11
Windows 3.0 Windows 3.1 Windows 3.1 for Central and Eastern Europe Windows 3.11
Windows 3.2 Windows CE Windows for Workgroups 3.1 Windows for Workgroups 3.11
Windows Me Windows/286 2.0 Windows/386 2.1 ウィンドウズ
マイクロソフト ウィンドウズ
































【 Windows 3.0 の同義語と関連語 】
< 3 >
Windows 3.0 Windows 3.x Windows3.0 ウィンドウズ3.x
日本語MS-WINDOWS(Ver3.0) 日本語MS-WINDOWS3.0 日本語MS-Windows3.0 日本語Windows3.0



















































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム