本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Windows Consumer Electronics の意味 】
出典: Microsoft Windows Embedded CE 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年11月3日 (金) 12:24 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Windows Embedded Compact (ウィンドウズ エンベデッド コンパクト)は、マイクロソフトが開発した組み込み機器向けの32ビットのマルチタスク/マルチスレッドリアルタイムオペレーティングシステム (RTOS)。一般にはHandheld PCやPocket PCなどのPDAで使われているオペレーティングシステム (OS) として知られている。1996年11月に発表されている。近年はPNDにも採用されている。バージョン 6.0 では Windows Embedded CE 、バージョン 5.0 までは、Windows CE と呼ばれていた。

[概要] Windows 9x系やWindows NT系等と共に、Windowsファミリーに属する。パーソナルコンピュータ (PC) 用Windowsと異なりOSのみで一般に販売されることはなく、対象となる装置に組み込んで使用することを前提としている。また、組み込み用OSとしてWindows Embeddedファミリーにも位置する。かつてのPC用のWindows NTのように、複数のCPUアーキテクチャに対応する。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 Windows Consumer Electronics の同義語と関連語 】
< 1 >
Windows CE Windows CE .NET 4.0 Windows CE 1.0 Windows CE 2.0
Windows CE 3.0 Windows CE 5.0 Windows Consumer Electronics Windows Embedded
Windows Embedded CE Windows Embedded CE 6.0 Windows Embedded Compact Windows Embedded Compact 2013
Windows Embedded Compact 7 ウィンドウズ エンベデッド コンパクト ウインドウズCE ウィンドウズCE
ウィンドウズシーイー










Cedar Chelan Macallan Mercury
Pegasus RTOS Talisker Yamazaki
リアルタイムOS 組み込みオペレーティングシステム 組み込み機器



















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム