本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Windows Millennium Edition の意味 】
出典: Microsoft Windows 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年6月26日 (火) 14:35 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Microsoft Windows(マイクロソフト ウィンドウズ)は、マイクロソフトが開発・販売するオペレーティングシステム (OS) の製品群。グラフィカルユーザインタフェース (GUI)を採用している。

[概略] 1985年11月に "Interface Manager" というコードネームで登場した。初期のバージョンは独立したOSではなく、MS-DOS上で稼動するGUIを実現するアプリケーションでしかなかった。のちに、GUI環境で先行していた1984年登場のMac OSを追い越して世界のパーソナルコンピュータ市場でトップシェアとなり、2009年10月にはインターネット上で使用されているクライアントの市場シェアの約90%を得た。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 Windows Millennium Edition の同義語と関連語 】
< 1 >
Chicago Microsoft Plus! for Windows 95 Microsoft Windows Microsoft Windows 95 Operating System
Windows Windows 4.0 Windows 4.0a Windows 4.0b
Windows 95 Windows 95 4.0C Windows 95 OEM Service Release 1 Windows 95 OSR1
Windows 95 OSR2 Windows 95 OSR2.1 Windows 95 OSR2.5 Windows 98
Windows 98 Second Edition Windows Me Windows Millennium Edition ウィンドウズ






































【 Windows Millennium Edition の同義語と関連語 】
< 2 >
Microsoft Windows Millennium Edition Windows Me Windows Millennium Edition WinMe
ウィンドウズ エムイー ウィンドウズ・ミー ウインドウズMe ウィンドウズMe
ウィンドウズエムイー ウィンドウズミー ウィンドウズミレニアムエディション















































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム