本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Winny 2 の意味 】
出典: Antinny 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年8月24日 (木) 14:00 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Antinny(アンチニー / アンティニー)はMS Windows上でワーム活動を行うコンピュータウイルス。

[概要] 主としてWinnyなどのファイル交換ソフトを媒介とし、多くの亜種が存在し、コンピュータ内のファイル(特にデスクトップやマイドキュメントの中身、Outlook Expressのメールなど)を勝手にWinnyを通して共有する機能を持つものが多い。これらは暴露ウイルスと呼ばれ、個人情報や、政府や各企業の機密情報が漏れ社会問題となっている。Microsoftの発表によると2005年10月12日にAntinnyに対応した「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」はリリース後一ヶ月で、約11万台のPCから20万以上のAntinnyを削除したとしている。日本語のファイル名が多いためAntinnyに感染している9割以上が日本語版Windowsとされる。 ・・・
出典: ファイル共有ソフト 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年9月29日 (金) 13:03 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ファイル共有ソフト(ファイルきょうゆうソフト)とは、インターネットで不特定多数の利用者とファイルをやり取りする、いわゆるファイル共有のためのソフトウェア。

[概要] ファイル共有ソフトは、ソフトが定めた専用のプロトコルで通信を行うことで専用のネットワークを構成し、そのネットワークに接続された不特定多数のコンピュータとの間で共有されているファイルのやりとりを行う仕組みを持つソフトウェアである。その手法は、当初はHTTPやFTPのようなアップローダーに相当する手法であったが、21世紀に入ると、Peer to Peer技術(P2P技術)を利用したものが主流になってきた。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 Winny 2 の同義語と関連語 】
< 1 >
47 47氏 Antinny exposure virus
P2P P2P型匿名掲示板システム Winny Winny 2
ウィニー エクスポウジャ・ヴァイルス ファイル共有ソフト ファイル交換ソフト
ファイル交換ソフトウェア 情報漏洩 情報漏洩ウイルス 著作権侵害
著作権問題 匿名掲示板システム 暴露ウイルス






































【 Winny 2 の同義語と関連語 】
< 2 >
file exchange software file sharing software P2Pソフト P2Pネットワーク
P2P型ソフト スーパーノード型P2P ハイブリッドP2P ピーツーピーソフト
ピュアP2P ファイル共有ソフト ファイル交換ソフト ファイル交換ソフトウェア
















Antinny exposure virus Napster P2P
Peer to Peer WinMX Winny Winny 2
ウィニー ウィンエムエックス エクスポウジャ・ヴァイルス シェア
拡散アップロード 情報漏洩 情報漏洩ウイルス 著作権侵害
著作権問題 暴露ウイルス












ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム