本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Wireless Gigabit Alliance の意味 】
出典: IEEE 802.11 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年1月31日 (木) 01:44 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 IEEE 802.11(アイトリプルイー 802.11)は、IEEEにより策定された、広く普及している無線LAN関連規格の一つである。無線局免許不要で使えるものも多い。

[概要]
 2012年12月にIEEE802.11ad-2012として仕様が確定された。また2013年に、WiGig規格に準拠した相互認証プログラムをWi-Fi Alliance が実施することが発表され、2016年提供開始される予定。60GHzという高い周波数帯を使うため、壁や障害物のない、10m程度の近距離でのギガビット通信を想定している。また、60GHz帯は空気中の酸素と共振するため、伝搬減衰が大きい。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

IEEE 802.11 (Wikipedia)

【 Wireless Gigabit Alliance の同義語と関連語 】
< 1 >
IEEE 802.11ad 11ad 802.11ad IEEE802.11ad-2012
802.11 エイディー
I trípl E eight O two point eleven ad άɪ trípl íː éɪt oʊ túː pˈɔɪnt əlévən éɪdíː
アイトリプルイー エイトゥ オウ トゥー ポイントゥ イレブン エイディー アイトリプルイー・エイトゥ・オウ・トゥー・ポイントゥ・イレブン・エイディー アイ トリプル イー エイト オウ トゥー ポイント イレブン エイディー アイ・トリプル・イー・エイト・オウ・トゥー・ポイント・イレブン・エイディー

I triple E eight O two dot eleven ad άɪ trípl íː éɪt oʊ túː dάt əlévən éɪdíː アイトリプルイー エイトゥ オウ トゥー ドットゥ イレブン エイディー
アイトリプルイー・エイトゥ・オウ・トゥー・ドットゥ・イレブン・エイディー アイ トリプル イー エイト オウ トゥー ドット イレブン エイディー アイ・トリプル・イー・エイト・オウ・トゥー・ドット・イレブン・エイディー
WiGig Wireless Gigabit アイトリプルイー 802.11 エーディー アイトリプルイーはちまるにてんいちいちエーディー
いちいちエーディー ワイギグ

6.8Gbps 60GHz 6Gbps Wireless Gigabit Alliance
無線LAN 無線LAN規格
IEEE
Institute of Electrical and Electronics Engineers ínstətjùːt əv əléktrɪkəl ənd ɪlèktrάnɪks ɛ̀ndʒənírz インスティトゥートゥ・オヴ・エレゥクトゥリカゥルゥ・アェンドゥ・イレゥクトゥロニクス・エンジニアゥーズ インスティトュート・オブ・エレクトリカル・アンド・エレクトロニクス・エンジニアーズ
米国電気電子技術者協会 米国電気電子学会 I triple E アイトリプルイー
















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム