本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Wiフィッシング の意味 】
出典: フィッシング (詐欺) 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年1月16日 (火) 04:36 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

フィッシング(英: phishing)とは、インターネットのユーザから経済的価値がある情報(例:ユーザ名、パスワード、クレジットカード情報)を奪うために行われる詐欺行為である。典型的には、とにかく信頼されている主体になりすましたEメールによって偽のWebサーバに誘導することによって行われる。

[経緯と現状] ・・・日本でのフィッシング詐欺の例として、2005年11月に千葉銀行を騙り各企業へCD-ROMを郵送し、そのCD-ROMをパソコンに入れるとフィッシングサイトに勝手に繋がり金を騙し取られるという事件が発生した。また2012年10月には国内各大手銀行のネットバンキングサービスを開くと、常駐したマルウェアが偽のログイン画面をポップアップして暗証番号などを入力させる手口で、不正に預金を引き出される被害が発生した 。

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Evil Twin
Wiフィッシング (日立ソリューションズ)
Wi phishing (コトバンク)
Wiフィッシング
フィッシング (詐欺) (Wikipedia)

【 Wiフィッシング の同義語と関連語 】
< 1 >
Wi-Fiフィッシング íːvl twín APフィッシング Evil Twin
Evil Twin Attacks Wiフィッシング アクセスポイントフィッシング イーヴォル・トゥウィン
イビルツイン ワイフィッシング 悪魔の双子 悪魔の双子攻撃
偽AP 偽Wi-Fiスポット 偽アクセスポイント 無線LANフィッシング












Wi-Fi フィッシング詐欺 ワイファイ 正規AP


























【 Wiフィッシング の同義語と関連語 】
< 2 >
Wiフィッシング AP phishing APフィッシング Evil Twin
Evil Twinホットスポット Wi phishing Wi-phishing エーピーフィッシング
エビルツイン ワイ フィッシング ワイ・フィッシング ワイ‐フィッシング
ワイフィッシング 悪魔の双子













フィッシング詐欺 偽アクセスポイント





























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム