本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 WM DRM の意味 】
出典: デジタル著作権管理 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年7月16日 (月) 14:20 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

デジタル著作権管理(デジタルちょさくけんかんり、英語: Digital Rights Management, DRM)とは、電子機器上のコンテンツ(映画や音楽、小説など)の無制限な利用を防ぐために、オリジナルのデータを特定のソフトウェアあるいはハードウェアでしか再生できないようにすることで、第三者による複製や再利用を難しくする技術・管理方法のこと。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 WM DRM の同義語と関連語 】
< 1 >
Digital Rights Management DRM DRM技術 DTCP-IP
OpenMG OpenMG Jukebox Windows Media Digital Rights Management Windows Media DRM
WM DRM オープンエムジー ディー・アール・エム ディーアールエム
ディジタル著作権管理 デジタゥルゥ・ライツ・マネジメントゥ デジタル・ライツ・マネジメント デジタルちょさくけんかんり
デジタル著作権管理 再配布不可識別子 著作権管理 著作権保護技術
不正コピー 複製制御





































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム