本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Wombat OS の意味 】
出典: リアルタイムオペレーティングシステム 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年12月6日 (水) 03:13 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

リアルタイムオペレーティングシステム(英: Real-time operating system;RTOS)は、リアルタイムシステムのためのオペレーティングシステム (OS) である。組み込みオペレーティングシステムに多い。OSの主要な機能である資源管理において、時間資源の優先度に基づく配分と実行時間の予測可能性を提供することに特化している、ないし、そういった機能に力を入れている。RTOSへの要求には、以下のようなものが挙げられる。
● ユーザーアプリケーションから、待ちが発生しないサービスコールを呼出した場合に要する最悪値
● ハードウェア割り込みが発生してから、処理ルーチンを呼出すまでの最悪値
● 高優先度のタスクが確実に実行されることを保証するスケジューリング規則 RTOSは、時間制約を保証できる設計を実現するために使われる。以上の要求は、そのために必要な事項の一例である。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 Wombat OS の同義語と関連語 】
< 1 >
Real Time Operating System Real-Time Operating System Real-time operating system real-time operating system
real-time processing RTOS リアルタイム・マルチタスクOS リアルタイムOS
リアルタイムシステム リアルタイム処理 機器組み込み制御用リアルタイムOS 組み込みオペレーティングシステム
















μITRON Contiki CP/Q FreeRTOS
INtime keil RTX based LynxOS mbed
pSOS RedHawk Linux REX OS T-Kernel
T-Kernel 2.0 VRTX VxWORKS Wombat OS















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム