本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Word 2000 の意味 】
出典: Microsoft Word 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年12月8日 (金) 14:23 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Microsoft Word(マイクロソフト・ワード)は、マイクロソフトがWindows、macOS及びiOS向けに販売している文書作成ソフトウェア。Microsoft Excelとともに、同社のオフィススイート、Microsoft Officeの中核をなすアプリケーションである。一般的にはワード(WordまたはMS-Wordとも)と呼ばれることが多いが、「ワード」と名称が付く商品名や商標名は他にもある。

[概要] 1983年5月、Multi-Tool Wordの名前でXenix向けに発売された。この最初のWordは、同社初のグラフィカルユーザインタフェースを採用した製品であり、Microsoft Mouseという名前のマウス製品が同時発売となった。翌84年1月にはMicrosoft Word 1.0 for Macを発表した。日本市場においてワープロソフトと言えば、MS-DOS時代からジャストシステムの一太郎が絶対的なシェアを持っており、英語文化圏で開発されたWordは文字数指定や縦書きといった日本語特有の文化に対応した機能を持っておらず、かつ、Microsoft製のWindows用の日本語入力ソフトであるMicrosoft IMEは未熟だったため、Wordは苦戦を強いられていた。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 Word 2000 の同義語と関連語 】
< 1 >
Microsoft Word Microsoft Word 2013 Microsoft Word 5.0 MS-Word
Word 2000 Word 2002 Word 2003 Word 2007
Word 97 マイクロソフト・ワード マイクロソフトワード ワード
















Microsoft Office




























【 Word 2000 の同義語と関連語 】
< 2 >
Microsoft Word Microsoft Word 97 Microsoft Word 97 with Bookshelf Basic MS-Word
Word Word 2000 Word 2002 Word 2003
Word 2007 Word 2010 Word 2013 Word 2016
Word 95 Word 97 Word 98 Word for Windows 1.2
Word for Windows 1.2A Word for Windows 5.0 Word for Windows 6.0 Word Viewer
word マイクロソフト・ワード マイクロソフトワード 97 ワード




































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム