本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 workgroup の意味 】
出典: Peer to Peer 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年3月5日 (月) 14:35 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Peer to Peer(ピア・トゥ・ピア または ピア・ツー・ピア)とは、複数の端末間で通信を行う際のアーキテクチャのひとつで、対等の者(Peer、ピア)同士が通信をすることを特徴とする通信方式、通信モデル、あるいは通信技術の一分野を指す。P2Pと略記することが多い。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 workgroup の同義語と関連語 】
< 1 >
P to P P2P P2P型通信 Peer to Peer
Peer to Peer Network Peer-to-Peer PtoP Samba
WORKGROUP Workgroup Name workgroup workgroup network
ピア・ツー・ピア ピア・ツー・ピア・ネットワーク ピア・トゥ・ピア ピアー・ツー・ピアー
ピアーツーピアー ピアツーピア ピアツーピアネットワーク ワークグループ
ワークグループ・ネットワーク ワークグループネットワーク ワークグループ名 簡易LAN




































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム