本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 World Wide Name の意味 】
出典: World Wide Name 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2015年2月1日 (日) 05:49 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

World Wide Name(WWN)または World Wide Identifier(WWID)とは、ファイバーチャネルまたは Serial Attached SCSI によるストレージエリアネットワークにおける一意の識別子である。各WWNは8バイトの数であり、IEEE OUI(先頭3バイト)とベンダーが提供する情報(残り5バイト)で構成される。

[形式] IEEE の定義する WWN の形式は2種類ある。
● 本来の形式: IEEE標準化委員会が製造業者にアドレスを割り当て、イーサネットのMACアドレスのようにデバイス製造時に組み込む。先頭2バイトは16進数で 10:00 または 2x:xx(x はベンダー指定)、次の3バイトがベンダー識別子、残る3バイトがベンダーの指定するシリアル番号となっている。
● 新しいアドレシング方式: 先頭4ビットが16進数で 5 または 6 で、次に3バイトのベンダー識別子が続き、残る4バイトと4ビットがベンダー指定のシリアル番号となる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 World Wide Name の同義語と関連語 】
< 1 >
NAA Network Address Authority OUI SAN
SAS World Wide IDentifier World Wide Identifier World Wide Name
WWID WWN ダブリューダブリューエヌ ワールドワイドID
ワールドワイドネーム














Fibre Channel NAS Serial Attached SCSI ストレージエリアネットワーク
識別番号

























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム