本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 x86シリーズの元祖 の意味 】
出典: Intel 8086 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年7月24日 (火) 09:45 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Intel 8086(インテル8086)はインテルが開発した16ビット マイクロプロセッサ(CPU)。x86(80x86)アーキテクチャの最初のマイクロプロセッサで、1978年に発表された。日本電気のPC-9801などパーソナルコンピュータに広く採用された。対応するオペレーティングシステムに、MS-DOS、PC-DOS、CP/M-86があった。

[アーキテクチャ]
 8086は8ビットアーキテクチャであった8080を16ビットに拡張し、乗除算などの命令を強化したCPUである。アドレスバスは20ビットに、データバスは16ビットに拡張された(姉妹品に外部データバスを8ビットに留めた8088もある)。8080とバイナリーレベルの互換性はないが、開発にあたってIntelは、8080からの速やかな移行を最重点事項に置き、8080のアセンブラソースコードに一切の手を加えることなく再アセンブルするだけで、8086用のバイナリを生成する事も出来た。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Intel 8086 (Wikipedia)

【 x86シリーズの元祖 の同義語と関連語 】
< 1 >
8086 iAPX86 iAPX86/10 Intel 8086
x86シリーズの元祖 アイエーピーエックスはちろく インテル 8086 インテル はちまるはちろく
はちまるはちろく


















16bit CPU 16ビット マイクロプロセッサ 8087 8088
Intel 8087 Intel 8088 P1 X86マイクロアーキテクチャ
第1世代x86系プロセッサ





















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム