本文へスキップ

 IT用語同義語辞典

 

IT用語同義語辞典


用語解説【z/VM】
出典: ハイパーバイザ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年5月9日 (火) 07:20 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

コンピュータ用語における、ハイパーバイザ (hypervisor) とは、コンピュータの仮想化技術のひとつである仮想機械(バーチャルマシン)を実現するための、制御プログラムである。仮想化モニタや仮想化OSと呼ばれることもある。 [名称]IBMが「オペレーティングシステム」と呼んだためにその用語が普及したが、一般にはOSのことをスーパーバイザとも言う。「ハイパー」という語は、「スーパー」のさらに上という意味で使われることが一般にあるが、ここではそのような意味で、OSをさらに管理する層、というような意味である。

[概要] ハイパーバイザは大別して以下の2種類があり、作成した仮想機械(バーチャルマシン)でそれぞれのOS(ゲストOS)を動かすことができる。ハードウェアの上で直接稼働する(狭義のハイパーバイザ。専用OSの形のz/VM、VMware ESX、ESXi、Xenなどや、ファームウェアの形のIBM LPARなど。)他のOSの上で稼働する(VMware Server など)また、ゲストOSを修正せずそのまま稼働できる(ハードウェアを完全にエミュレートする)ものを完全仮想化、性能などの理由でゲストOSに修正が必要なものを準仮想化とも呼ぶ。なお、仮想機械でも単なる物理分割(PPAR)で特にリソース管理を行っていない場合は、ハイパーバイザは存在しない。 ・・・

各社ICT用語辞典へリンク (外部サイト)

IT用語同義語・関連語【z/VM】
< 1 >
Hyper-V hypervisor IBM LPAR Virtual Machine Monitor
VMware ESX VMware ESXi Xen z/VM
アイビーエム エルパー ヴァーチュアル・マシーン・モニタゥー ゼットブイエム バーチャル・マシン・モニター
ハイパーヴァイザ ハイパーヴァイザー ハイパーバイザ ハイパーバイザー
仮想化OS 仮想化ソフト 仮想化マシンモニタ 仮想化モニタ







































【 IT用語同義語辞典索引 】
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

IT用語辞典リンク集
 用語詳細はドラッグ後ウェブ検索,
外部リンク,IT用語辞典リンク集

バナースペース

パステム