本文へスキップ

 


ICT用語同義語辞典サイト内検索

 

ICT用語の意味と同義語

【 「ZED」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: ZigBee 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2015/04/03,URL: https://www.wdic.org/

 近距離無線通信技術の一つ。家電向けで、低速な代わりに安価で低消費電力を特徴とする。

[概要]
 物理層等についてはIEEE 802.15.4として規格化された。
 論理層以上については、Zigbee Allianceが仕様策定を行なっている。
 なお、ZigBeeはZigBee Allianceの商標であり、ZigBee Allianceが認定した製品のみがZigBeeを名のれる。したがって、単にIEEE 802.15.4に準拠しただけではZigBeeではない。

[特徴]
周波数
 様々な周波数が使われている。日本では法律上、2.4GHz帯のみ利用可能。
 ● 868MHz帯(欧州)
 ● 915MHz帯(米国)
 ● 2.4GHz帯(全世界)
速度や距離等
 伝送技術にDSSS(直接連鎖スペクトラム拡散)を採用。
 通信速度は最大250kbps(2.4GHz帯使用時)で、伝送距離は最大100m程度。
 消費電力は数十mWである

[技術]
デバイスタイプ
 ZigBeeには、三種類のデバイスタイプが存在する。
 ● ZigBeeコーディネーター (ZC)
 ● ZigBeeルーター (ZR)
 ● ZigBeeエンドデバイス (ZED)
 IEEE 802.15.4ではZigBeeという名前が使えないため、それぞれ別の名称が与えられている。
プロトコルレイヤー
 ・・・
出典: ZigBee 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年12月18日 (水) 23:00 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ZigBee(じぐびー)とは、センサーネットワークを主目的とする近距離無線通信規格の一つ。この通信規格は、転送可能距離が短く転送速度も非常に低速である代わりに、安価で消費電力が少ないという特徴を持つ。従って、電池駆動可能な超小型機器への実装に向いている。基礎部分の(電気的な)仕様はIEEE 802.15.4として規格化されている。論理層以上の機器間の通信プロトコルについては「ZigBeeアライアンス(ZigBee Alliance)」が仕様の策定を行っている。なお、ZigBeeの名称はミツバチ(Bee)がジグザグに飛び回る行動にちなんで名付けられた。

[概要]
 データ転送速度は20Kbps-250kbps。使用する無線周波数帯によって異なり、2.4GHzでは250Kbps、902-928MHzでは40Kbps、868-870MHzでは20Kbpsとなる。900MHz帯を用いたものは主に米国向け、800MHz帯を用いたものは主に欧州向けの仕様であり、電波法の関係から日本国内で利用できるのはISMとして開放されている2.4GHz帯を用いた仕様のみである。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

ZigBee (通信用語の基礎知識)
ZigBee (Wikipedia)



【 ZED の同義語と関連語 】
< 1 >
ZigBee zɪ́ɡbíː ジィグビィー ジグビー
IEEE 802.15.4 ZC ZigBee Coordinator
ZigBeeコーディネーター ZR ZigBee Router
ZigBeeルーター ZED ZigBee End Device
ZigBeeエンドデバイス









近距離無線通信規格 Zig zɪ́ɡ
ジィグ ジグ ジグザグ ジグザグに動く
Bee bíː ビィー
ビー ハチ ミツバチ










更新日:2020年 2月10日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M