本文へスキップ

 IT用語同義語辞典

 

IT用語同義語辞典


用語解説【アイアールエルエムピー】
出典: IrDA 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年1月30日 (火) 02:18 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

IrDA(アイアールディーエイ、Infrared Data Association)は赤外線による光無線データ通信を規格化している団体であり、またその規格そのものの名称である。特に規格に関しては、 IrDA DATA と呼ぶ。

[概要] IrDA規格は、赤外線通信すべてを意味しているわけではなく、情報機器等の通信を定めた物である。通信に必要なインターネットやLANなどの通信規格同様に、いくつかのレイヤー(ハードウェア層・データリンク層・プロトコル層)規格に分かれており、パソコン用の物では、USBやRS-232Cポートに接続して利用する様式(ノートパソコンや携帯情報端末でも、オペレーティングシステム上からはそうなっているように認識されている)が一般的である。

[ソフトウェア規格]
● IrLAP (Infrared Link Access Protocol) ソフトウェア規格・通信確立の際に通信対象を発見する。
● IrLMP (Infrared Link Management Protocol) ソフトウェア規格
● IrTTP (Infrared Tiny Transport Protocol) ソフトウェア規格 ・・・

各社ICT用語辞典へリンク (外部サイト)

IT用語同義語・関連語【アイアールエルエムピー】
< 1 >
Infra-red Link Management Protocol Infrared Link Management Protocol infrared link management protocol IrLMP
アイアールエルエムピー アイアールラップ アイアールランプ



















































【 IT用語同義語辞典索引 】
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

IT用語辞典リンク集
 用語詳細はドラッグ後ウェブ検索,
外部リンク,IT用語辞典リンク集

バナースペース

パステム