本文へスキップ

 IT用語同義語辞典

 

IT用語同義語辞典


用語解説【アイテニアムツー】
出典: Itanium 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年11月22日 (水) 11:42 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Itanium(アイテニアム)は、インテルが2001年にリリースした、64ビットマイクロプロセッサ。ヒューレット・パッカード (HP) と共同開発した高性能サーバ向けの命令セットアーキテクチャであるIA-64を初めて採用した。Itanium 2(アイテニアムツー)は、翌2002年に発表されたItaniumの後継で、3次キャッシュを内蔵させるなど性能の向上を図った。

[概要] インテルはIA-64により、各社のRISCプロセッサが占めるハイエンドの64ビット市場に進出し、HPは従来からのPA-RISCからの移行を表明した。IA-64は同時に特許などで保護されたアーキテクチャであるため、AMD などの互換プロセッサメーカーの振り切りを狙う目的もあり、将来的にはIA-32(x86)からの移行も掲げられていた。しかしIA-64を採用した最初のマイクロプロセッサであるItanium(コードネームMerced)は開発が遅れ、当初予定の1999年から2年後の2001年にリリースされたが、当時の各社RISCプロセッサだけではなく、Xeonなど自社のx86プロセッサと比較しても価格性能比が低く、サポートするハードウェアやソフトウェアは広まらず、またx86エミュレーションの遅さもあり、広くは普及しなかった。2002年には性能を改善したItanium 2がリリースされ、2008年の「Itanium 9000」番台への名称変更を経たが、同時期の各社プロセッサと比較しての価格性能比や、更に64ビット命令セットアーキテクチャとしては後発のx86-32を64ビット拡張したx64(x86-64)が普及した事もあり、2010年現在、IA-64(Itanium)の普及は一部のメインフレームやミッドレンジコンピュータの移行先など、限定的な市場に留まっている。 ・・・

各社ICT用語辞典へリンク (外部サイト)
Itanium (Wikipedia)

IT用語同義語・関連語【アイテニアムツー】
< 1 >
Itanium Itanium マイクロアーキテクチャ Merced アイテニアム
マーセッド






















180nm 64bit命令セットアーキテクチャ EPIC EPICアーキテクチャ
Explicitly Parallel Instruction Computing IA-64 IA-64アーキテクチャ Intel Architecture 64
Intel Architecture-64 Itanium 2 PAC418 アイエーろくよん
アイテニアム 2 アイテニアムツー インテルアーキテクチャろくじゅうよん 明示的並列命令コンピューティング
明示的並列命令コンピューティング技術













【 IT用語同義語辞典索引 】
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

IT用語辞典リンク集
 用語詳細はドラッグ後ウェブ検索,
外部リンク,IT用語辞典リンク集

バナースペース

パステム