本文へスキップ

 IT用語同義語辞典

 

IT用語同義語辞典


用語解説【アイピーエックス】
出典: IPX/SPX 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年6月11日 (月) 11:45 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

IPX/SPX は、ノベルのオペレーティングシステム Netware で主に使われていた通信プロトコルである。IPX は Internetwork Packet Exchange、SPX は Sequenced Packet Exchange の略。

[プロトコル階層] IPX と SPX は、Xerox Network Services の IDP と SPP プロトコルから派生したものである。IPX はネットワーク層プロトコル(OSI参照モデルの第三層)、SPX はトランスポート層プロトコル(OSI参照モデルの第四層)に対応する。SPX は IPX の上位にあり、ネットワーク上の二つのノード間のコネクション指向サービスを提供する。SPX は主にクライアントサーバ型アプリケーションで使われる。IPX と SPX はTCP/IPとよく似たサービスを提供する。その意味では、IPX は IP に近く、SPX は TCP に近い。IPX/SPX は主にLAN向けに設計されており、LAN上での性能は優れている(一般的に TCP/IP を LAN 上で使った場合よりも性能がよい)。しかし、TCP/IP がデファクトスタンダードとなった。その原因は、WANやインターネットでの性能がTCP/IPの方が優れていた点と、TCP/IPがグローバルな利用を意図して設計された成熟したプロトコルだった点にあるとされている。 ・・・

各社ICT用語辞典へリンク (外部サイト)
IPX/SPX (Wikipedia)

IT用語同義語・関連語【アイピーエックス】
< 1 >
IPX Internet Packet Exchange Internetwork Packet Exchange Internetwork Packet eXchange
Internetwork Packet eXchange/Sequenced Packet eXchange IPX/SPX NetWare Link IPX/SPX互換トランスポート NWLink
SPX アイ・ピー・エックス アイピーエックス アイピーエックス/エスピーエックス
アイピーエックスエスピーエックス インターネットワークパケット交換













NetWare OSI OSI参照モデル ネットワーク層
第3階層

























【 IT用語同義語辞典索引 】
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

IT用語辞典リンク集
 用語詳細はドラッグ後ウェブ検索,
外部リンク,IT用語辞典リンク集

バナースペース

パステム