本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 アイノード の意味 】
出典: inode 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年1月14日 (月) 02:32 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 inode(アイノード)は、ext2などのUnix系ファイルシステムで古くから使われているデータ構造である。inode にはファイル、ディレクトリなどのファイルシステム上のオブジェクトに関する基本情報が格納される。ReiserFSなどの最近のUnix系ファイルシステムでは inode を使用していないが、同等の機能を提供するには同等の情報をどこかに格納しなければならない。statシステムコールがそれらのデータをプログラム向けに提供するので、これを statデータと呼ぶことがある。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

inode (Wikipedia)

【 アイノード の同義語と関連語 】
< 1 >
i-node inode iノード アイノード
























inode番号 inode領域 iノード番号 iノード領域
ファイルシステム


























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム