本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 アイピーアール の意味 】
出典: 工業所有権 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年1月12日 (土) 11:53 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

工業所有権(こうぎょうしょゆうけん)とは、特許権、実用新案権、意匠権、商標権などの総称である。産業財産権(さんぎょうざいさんけん)。知的財産権(あるいは無体財産権)の領域のひとつであり、主として企業活動に関するものを含む。

[工業所有権の定義]
日本
日本の法令では、法律や組織の名称に「工業所有権」の語を用いたものはあるが、「工業所有権」について明示的に定義したものはない。2002年に策定された知的財産戦略大綱は、
「工業所有権」という用語は、主として特許権、実用新案権、意匠権及び商標権を指すものとして用いられているが、これらの中には、農業・鉱業・商業等の工業以外の産業に関する知的財産も含まれている。
としている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

工業所有権 (Wikipedia)
工業所有権 (コトバンク)

【 アイピーアール の同義語と関連語 】
< 1 >
工業所有権 ìnṭəléktʃuəl prάpɚṭi rάɪt industrial property Intellectual Property Right
intellectual property right IPR アイピーアール インタゥラゥクュアルゥ・プラパディー・ライトゥ
インテレクチュアル・プロパティ・ライト こうぎょうしょゆうけん 産業財産権
















ストックホルム改正条約 意匠権 工業所有権保護同盟条約 産業財産権の保護に関するパリ条約
産地名使用権 実用新案権 商号権 商標権
特許権






















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム