本文へスキップ

 IT用語同義語辞典

 

IT用語同義語辞典


用語解説【アェビリィン・ネットゥワゥーク】
出典: アビリン・ネットワーク 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年3月7日 (火) 01:57 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

アビリン・ネットワーク(Internet2 Network、Abilene Network)とはインターネット2コミュニティによってつくられたアメリカの高性能基幹通信網である。現在ではインターネット2ネットワークとも呼ばれる。1999年に毎秒2.5Gバイトの基幹の仕様が制定された。2003年に10Gbpsになり、2004年、認証された。2006年末、10Gbであらゆるノードを接続する計画の一つが実施された。多くの大学と企業の220人以上のメンバーおよびコロンビア群、プエルトリコがアビリンに参加した。アビリンという名前の由来は計画の目標、見通し、およびカンザス州のアビリンが1860年代にアメリカの鉄道敷設のフロンティアだった事に由来する。鉄道の敷設と光ケーブルを張り巡らせる事が連想されている。 ・・・

各社ICT用語辞典へリンク (外部サイト)
アビリン・ネットワーク (Wikipedia)

IT用語同義語・関連語【アェビリィン・ネットゥワゥーク】
< 1 >
アビリン・ネットワーク Abilene Abilene Network Internet2 Network
アェビリィン・ネットゥワゥーク アビリーン インターネット2 インターネット2ネットワーク




















インターネット2コミュニティ





























【 IT用語同義語辞典索引 】
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

IT用語辞典リンク集
 用語詳細はドラッグ後ウェブ検索,
外部リンク,IT用語辞典リンク集

バナースペース

パステム