本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 アゥーダゥフィッシャルゥ・リアラゥディー の意味 】
出典: バーチャルリアリティ 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2011/08/24,URL: https://www.wdic.org/

仮想現実。現実の世界とは異なる世界を、現実のように体験するためのしくみ。3次元を移動する画面を操作することを指すこともある。

[概要]

視覚、聴覚、触覚などでこれを再現することが多い。要は別の世界を体験できればよいわけで、そういった意味では小説やテレビドラマもバーチャルリアリティを構成する要素となりうるが、こういったものは通常、バーチャルリアリティとは言わない。また体験者にとってはそこで受けた感覚は実際にした体験となるので、「空想の世界」(フィクション)とは異なる。
出典: バーチャル・リアリティ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年6月10日 (月) 12:08 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

バーチャル・リアリティ(英: virtual reality)とは、現物・実物(オリジナル)ではないが機能としての本質は同じであるような環境を、ユーザの五感を含む感覚を刺激することにより理工学的に作り出す技術およびその体系。略語としてVRとも。日本語では「人工現実感」あるいは「仮想現実」と訳される。

[概要] バーチャル・リアリティは、コンピュータによって作り出された世界である人工環境・サイバースペースを現実として知覚させる技術である。時空を超える環境技術であり、人類の認知を拡張する。コンピュータグラフィックスなどを利用してユーザに提示するものと、現実の世界を取得し、これをオフラインで記録するか、オンラインでユーザに提示するものとに大別される。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

仮想現実 (コトバンク)
バーチャルリアリティ (通信用語の基礎知識)
バーチャルリアリティ (Wikipedia)
VRとARの違い (INTERNET ACADEMY)
アーティフィシャルリアリティ (コトバンク)

【 アゥーダゥフィッシャルゥ・リアラゥディー の同義語と関連語 】
< 1 >
VR ὰɚṭəfíʃəl riˈæləṭi AR Artificial Reality
vˈɚːtʃuəl riˈæləṭi Virtual Reality virtual reality アーティフィシャルリアリティ
アーティフィッシャル・リアリティ アーティフィッシャル・リアリティー アーティフィッシャルリアリティ アゥーダゥフィッシャルゥ・リアラゥディー
ヴァゥーチュアルゥ・リアラゥディー かそうげんじつ バーチャル・リアリティ バーチャル・リアリティー
バーチャルリアリティ ブイアール 仮想現実 仮想現実感
人工現実 人工現実感





ὰɚṭəfíʃəl Artificial Myron Krueger Myron Krueger氏
アーティフィシャル アゥーダゥフィッシャルゥ 人為的な 人工的な
人造の






















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム