本文へスキップ

 IT用語同義語辞典

 

IT用語同義語辞典


用語解説【赤黒木】
出典: 赤黒木 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年4月1日 (土) 13:15 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

赤黒木(あかくろぎ)は、コンピュータ科学のデータ構造である平衡二分木の一種で、主に連想配列の実装に用いられている。2色木、レッド・ブラック・ツリーともいう。このデータ構造は1972年のルドルフ・ベイヤー (en:Rudolf Bayer) の発明である"symmetric binary B-trees"が元となっており、赤黒木という名前自体は 1978年にレオニダス・ギッバス (Leonidas J. Guibas) とロバート・セジウィック (en:Robert Sedgewick) によって発表された論文による。赤黒木は、探索、挿入、削除などの操作における最悪時間計算量がO(log n)(nはツリーの要素数)と短く、複雑ではあるが実用的なデータ構造として知られている。 ・・・

各社ICT用語辞典へリンク (外部サイト)
赤黒木 (Wikipedia)

IT用語同義語・関連語【赤黒木】
< 1 >
赤黒木 2色木 Red-Black Tree red-black tree
あかくろぎ レッド・ブラック・ツリー





















AVL Tree AVL木 self-balancing binary search tree symmetric binary B-trees
セルフ・バランシィング・バイナリィ・サゥーチ・トゥリー へいこうにぶんたんさくぎ 平衡二分探索木























【 IT用語同義語辞典索引 】
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

IT用語辞典リンク集
 用語詳細はドラッグ後ウェブ検索,
外部リンク,IT用語辞典リンク集

バナースペース

パステム