本文へスキップ

 IT用語同義語辞典

 

IT用語同義語辞典


用語解説【アスペクト指向】
出典: アスペクト指向プログラミング 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年3月17日 (土) 08:24 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

アスペクト指向プログラミング(アスペクトしこうプログラミング、Aspect Oriented Programming、AOP)は、オブジェクト指向ではうまく分離できない特徴(クラス間を横断 (cross-cutting) するような機能)を「アスペクト」とみなし、アスペクト記述言語をもちいて分離して記述することでプログラムに柔軟性をもたせようとする試み。アスペクトの例としては、データ転送帯域の制限や例外の処理などがある。Java にアスペクト指向的要素を追加したAspectJ が実験的に実装されている。オブジェクト指向プログラミングとは直交するプログラミングパラダイムである。 ・・・

各社ICT用語辞典へリンク (外部サイト)
AOP (e-Words)
アスペクト指向プログラミング (Wikipedia)

IT用語同義語・関連語【アスペクト指向】
< 1 >
AOP Aspect Oriented Programming AspectC++ AspectJ
AspectL AspectR e JBossAOP
Spring Framework アスペクトジェイ アスペクトしこうプログラミング アスペクト指向
アスペクト指向プログラミング アスペクト指向言語 エーオーピー












aspect アスペクト ロギング操作 横断要素
局面 側面
























【 IT用語同義語辞典索引 】
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

IT用語辞典リンク集
 用語詳細はドラッグ後ウェブ検索,
外部リンク,IT用語辞典リンク集

バナースペース

パステム