本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 アクセスサーバ の意味 】
出典: BAS 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2006/12/05,URL: https://www.wdic.org/

 ブロードバンド用のNAS。

[概要]
 xDSL、FTTH、CATVインターネットなど、ブロードバンド常時接続サービスの提供にあたり、通信局舎内に設置されるアクセスサーバー(RAS)のこと。これがさらにCMTSやDSLAMに接続され、上位回線へのアグリゲーションを行なうことから、アグリゲーターとも呼ばれる。

[特徴]
 具体的には、ユーザー認証を行ない、上位回線や提携ISPへの接続を行なうのが主たる任務である。ユーザーとの接続にはPPPoEを採用するのが一般的で、PPPoEの終端機能を有する。

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

BAS (通信用語の基礎知識)

【 アクセスサーバ の同義語と関連語 】
< 1 >
BAS Broadband Access Server brɔ́dbæ̀nd ˈækses sɝ́vɚ ブロードゥバェンドゥ アェクセス スァーヴァゥー
ブロードゥバェンドゥ・アェクセス・スァーヴァゥー ブロードバンド アクセス サーバー ブロードバンド・アクセス・サーバー アクセス サーバ
アクセス・サーバ アクセスサーバ アクセスサーバー アグリゲーター
バス














































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム