本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 アェンプラゥトゥードゥ・シフトゥ・キーイング の意味 】
出典: 振幅偏移変調 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年4月11日 (月) 03:59 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 振幅偏移変調(しんぷくへんいへんちょう)もしくは振幅シフトキーイング(しんぷくシフトキーイング、英語: amplitude-shift keying、略号:ASK)はデジタル信号送受信の際に使用する変調方式の1つで、送信データのビット列に対応して搬送波の振幅を変化させることで送信データを送る方式である。日本においては一般にASKと呼ばれる。日本総務省の文書等ではASK変調方式と書かれる。アナログ変調方式の振幅変調(AM)と同様に、この変調方式は、他の変調方式と比べて、ノイズや妨害波やフェージングの影響を受けやすい。

[符号化]
 最も単純で一般的なASKの使用形態は、スイッチにより搬送波が存在する場合をバイナリーの1、存在しない場合をバイナリーの0として表す方法である。この形の変調方法はオンオフ変調と呼ばれており、モールス信号を無線周波数で送信する際にも使用される(CW:連続波形)。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

振幅偏移変調 (Wikipedia)

【 アェンプラゥトゥードゥ・シフトゥ・キーイング の同義語と関連語 】
< 1 >
ASK Amplitude Shift Key Amplitude Shift Keying amplitude shift keying
amplitude-shift keying ˈæmplətjùːd ʃíft kíɪŋ アェンプラゥトゥードゥ シフトゥ キーイング アェンプラゥトゥードゥ・シフトゥ・キーイング
アンプリィトゥードゥ シフトゥ キーイング アンプリィトゥードゥ・シフトゥ・キーイング アンプリチュード シフト キーイング アンプリチュード・シフト・キーイング
ASK変調 ASK変調方式 On Off Keying OOK
アスク エーエスケー オンオフ変調 しんぷくシフトキーイング
しんぷくへんいへんちょう 振幅シフトキーイング 振幅偏移変調




DA変換 Keying キーイング デジタル変調
暗号化 変調

























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム