本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 アォールゥトゥ キー の意味 】
出典: Altキー 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年9月21日 (土) 13:39 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Alt キー(オルトキー、アルトキー、英: Alt key)は、コンピュータ用のキーボードの修飾キーの一つ。キートップには通常 Alt と刻印されている。Alt キーは、シフトキーやコントロールキーなどと同様に、他のキーと一緒に押し下げることで、別の様々な機能を実行できる。

[概要]
 日本では、PC/AT 互換機で主流となった日本語 106/109 キーボードでは、かな漢字変換用のコンビネーションキーにも使用されている。漢字キー(「Alt+半角/全角」による、かな漢字変換のオン・オフ)、ローマ字キー(「Alt+カタカナ/ひらがな」による、ローマ字入力のオン・オフ)などである。オリジナルの OADG キーボード(PS/55後期の5576-A01以降)では、これらの文字(「漢字」、「ローマ字」)は、該当するキーの手前(前面)に、Alt キーの印字と同じ緑色で印字されている。なお日本 IBM の昔のキーボード(PS/55前期の5576-001/002/003まで)では、機能(スキャンコード)は Alt キーと全く同一であるが前面キーと呼ばれ、キートップに緑色で前面と印字されている。・・・

[名称]
 Alt キーは Alternate key (オルタネイトキー) の略で、"alternate"は「代替の」「代わりの」という意味である。Unicodeには"ALTERNATIVE KEY SYMBOL" (U+2387) として"⎇"が定義されている。
発音および標記のゆれ
Alt キーの発音は、何らかの仕様や規格で規定されているわけでもなく、それにより発音には「ゆれ」が生じている。またそのために、日本語のカタカナ表記にも「ゆれ」が生じている。特に一文字目の A をどのように発音、表記するかが論議の的となる。英語においては、著名な辞書の間でも発音表記が異なっており、ケンブリッジ大学出版局の Cambridge English Dictionary は /ˈælt ˌkiː/ と表記しているのに対して、オックスフォード大学出版局の Oxford Dictionaries では /ˈɔːlt kiː/ と表記している。日本語においても表記が定まっていない点で同様であり、カタカナで表記する場合、「オルトキー」と「アルトキー」の二つの表記が使われている。辞書によっても表記が異なっており、「オルトキー」という読みのみを記載しているものや、「オルトキー」と「アルトキー」両方の読みを併記しているものが混在している。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Altキー (Wikipedia)

【 アォールゥトゥ キー の同義語と関連語 】
< 1 >
Altキー ALTキー Alt key ɑ́lt kíː
アォールゥトゥ キー アォールゥトゥ・キー アォールゥトゥキー アルトキー
オルトキー Alt ALT ɑ́lt
ALTernate アォールゥトゥ オルト
ALTernate key Alternate key ˈɔːltɚnət kíː オルゥタゥネットゥキー
オルゥタゥネットゥ キー オルゥタゥネットゥ・キー オルタネート キー オルタネート・キー
オルタネートキー オルタネイトキー

Alternate ˈɔːltɚnət オルゥタゥネットゥ かわるがわるの
交互の 一つおきの 代替 だいたい
代替の だいたいの 代替え
Alternative ɔːltˈɚːnəṭɪv オルゥタゥーネィディヴ 代わりの
代わりとなるもの 二者択一の どちらか一方を選ぶ
修飾キー 特殊キー








ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム