本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 アサーションチェック の意味 】
出典: アサーション 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2008/05/19,URL: https://www.wdic.org/

プログラムの実行中に、ある条件が成立していることを表明すること。

[特徴] プログラミングにおいて「ここを実行する時にはこうなっているはず」という条件を記述しておくもの。ある処理を始める前に満たすべき条件を表明する事前条件、処理の前後で変化しない条件を表明する不変条件、処理の後で満たすべき条件を表明する事後条件がある。実装例としては、Eiffelのrequireやinvariant句、C/C++のassertマクロ、Javaのassert文などが挙げられる。
出典: 表明 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年4月12日 (金) 01:42 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

表明(ひょうめい、assertion)とは、プログラミングにおける概念のひとつであり、そのプログラムの前提条件を示すのに使われる。アサーションとも呼ばれる。表明は、プログラムのその箇所で必ず真であるべき式の形式をとる。多くの言語ではそのような前提条件のチェックに表明を使用するが、設計上の判断を文書化するのに使う場合もある。表明が偽となった場合、プログラムにバグが潜在していることを示している。これを「表明違反; assertion failure」と呼ぶ。表明を言語構文や標準ライブラリとしてサポートするプログラミング言語も存在する。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

アサーション (通信用語の基礎知識)
表明 (Wikipedia)

【 アサーションチェック の同義語と関連語 】
< 1 >
アサーション əsˈɚːʃən assertion アゥサゥーシュン
アサーシュン アサート しゅちょう だんげん
ひょうめい 主張 成立すべき条件 断言
表明














əsˈɚːʃən féɪljə assert Assertion checking assertion check
assertion checker assertion failure アゥサゥーシュン・フェイリゥュアゥ アサーション・チェッカ
アサーション・チェック アサーション・フェイリヤー アサーションチェッカ アサーションチェック
表明違反


















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム