本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 アォペラボルゥ の意味 】
出典: Web Content Accessibility Guidelines 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年2月23日 (土) 02:41 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Web Content Accessibility Guidelines (ウェブコンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン 、略称:WCAG)は、ウェブのコンテンツを障害のある人に使いやすいようにするためのウェブアクセシビリティに関するガイドラインである。インターネットのための主要な国際標準化機構であるWorld Wide Web Consortium(W3C)のWeb Accessibility Initiative(WAI)によって公開されている。
 WCAGの目指すところは主要な障害者に配慮することであり、その結果ほとんどの利用者にとっても使いやすい内容となる。また、技術にも依存しない内容となっている。従って、携帯電話のような非常に機能の限られたデバイスでも、アクセシブルなコンテンツとなる。
 現在のバージョンは2018年6月にWCAG 2.1として公開されている。また、1つ前のバージョンであるWCAG 2.0は、2012年10月に「ISO/IEC 40500:2012」としてISO標準となった。 ・・・

カスペルスキー セキュリティ ノートンストア

【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

Web Content Accessibility Guidelines (Wikipedia)



【 アォペラボルゥ の同義語と関連語 】
< 1 >
WCAG WCAG 2.0 WCAG 2.1 Web Content Accessibility Guidelines
wéb kəntént æksèsəbíləṭi ɡáɪdlàɪnz ウェッブ コァンテントゥ アェクセシビリィディ ガイドゥラゥインズ ウェッブ・コァンテントゥ・アェクセシビリィディ・ガイドゥラゥインズ ウェブ コンテンツ アクセシビリティ ガイドライン
ウェブ・コンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン ウェブコンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン ダブリューシーエージー ISO/IEC 40500:2012
















æksèsəbíləṭi `ʌndɚstˈændəbl accessibility Operable
pɚsíːvəbl Perceivable roʊbˈʌst Robust
Understandable アゥンダゥスタェンダゥボルゥ アェクセシビリィディ アォペラボルゥ
アクセシビリティ アンダスタンダブル オペラブル パゥーシィーヴァボルゥ
パシーバブル ロウバストゥ ロバスト わかる
感じ取る 使いやすさ 使用可能な 丈夫な
理解できる άpərəbl





ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム