本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 アクチュエイタ の意味 】
出典: アクチュエータ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年7月19日 (木) 15:12 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 アクチュエータ(英: actuator)は、入力されたエネルギーもしくはコンピュータが出力した電気信号を、物理的運動に変換する、機械・電気回路を構成する機械要素である。能動的に作動または駆動するもの。

[概要]
 ・・・ アクチュエータは基本的にエネルギーを与えることで運動を発生させる。何らかの装置に組み込む場合は電気的な信号によって制御できるようにするなどして制御機構に組み込む。制御方式は利用するエネルギーの種類やアクチュエータ自身の用途にも拠り様々である。単純な開閉器(スイッチ)やバルブによるものがある。ハンドルやレバーといった操作部分に連結しているものもある。 ・・・




【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

アクチュエータ (キーエンス)
アクチュエータ (Wikipedia)



【 アクチュエイタ の同義語と関連語 】
< 1 >
アクチュエイタ actuator ǽktjuèɪtɚ アクチュエイダゥー
アクチュエイダゥ アクチュエータ Head Stack Assembly HSA
ヘッド・アセンブリ ヘッド・スタック・アセンブリ ヘッドアセンブリ 駆動装置
駆動機構 ヘッド駆動機構 ヘッド駆動装置












アクセスアーム 磁気ヘッド





























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム