本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 アドバーンスト・パシステント・スレット の意味 】
出典: APT攻撃 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年12月28日 (金) 01:52 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

APT攻撃(英:Advanced Persistent Threat、持続的標的型攻撃)はサイバー攻撃の一分類であり、標的型攻撃のうち「発展した/高度な(Advanced)」「持続的な/執拗な(Persistent)」「脅威(Threat)」の略語で長期間にわたりターゲットを分析して攻撃する緻密なハッキング手法。「ターゲット型攻撃(APT)」とも訳される。独立行政法人 情報通信研究機構(NICT)のサイバー攻撃対策総合研究センター(CYREC)では「特定の相手に狙いを定め、その相手に適合した方法・手段を適宜用いて侵入・潜伏し、数か月から数年にわたって継続するサイバー攻撃」としている。世界のセキュリティー業界では、組織名不明のクラッカー組織を見つけると、イランに拠点を置くハッカー組織APT33、ロシアのAPT29、北朝鮮のAPT38のように「APT+数字」で名前を付ける。 ・・・
出典: 標的型攻撃 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年5月11日 (水) 16:44 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

標的型攻撃(英 Targeted threat もしくは Targeted attack)は、特定の組織内の情報を狙って行われるサイバー攻撃の一種であり、その組織の構成員宛てにコンピュータウイルスが添付された電子メールを送ることなどによって開始される 。 以降も持続的に潜伏して行われる標的型攻撃はAPT攻撃(Advanced Persistent Threat)と呼ばれている。標的型攻撃の対象とされる組織は、政府/公共サービス機関、製造業が多く、価値の高い知的財産を保有している組織が対象になっている 。ちなみに、より広く「情報セキュリティ上の攻撃で、無差別に攻撃が行われるものでなく、特定の組織あるいはグループを標的としたもの」と定義する文献もある。この場合、サービス妨害攻撃も標的型攻撃に含まれることになる。

[概要] 標的型攻撃は、明確な意思と目的を持った人間(攻撃者)が特定の組織に対して特定の目的(情報の窃取や削除)のために行うサイバー攻撃の一種をいうようになっている。 ・・・


【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

APT攻撃 (Wikipedia)
標的型攻撃 (Wikipedia)

【 アドバーンスト・パシステント・スレット の同義語と関連語 】
< 1 >
APT攻撃 Advanced Persistent Threat APT spear attack
spíɚ ətˈæk スピアゥ— アゥタェック スピアゥ—・アゥタェック スピア アタック
スピア・アタック Targeted attack Targeted threat targeted threat
アゥドゥヴェンストゥ・パゥーシスタゥントゥ・スゥレットゥ アドバーンスト・パシステント・スレット ターゲット型攻撃 持続的標的型攻撃
標的型脅威 標的型攻撃 標的型攻撃メール








Threat θrét スゥレットゥ スレット
脅し 脅威 脅迫
spear spíɚ スピアゥ— スピア
モリで突き刺す 特定の相手を標的にする
attack
ətˈæk アゥタェック アタック 攻撃
襲撃
サイバー攻撃 スピア型攻撃







ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム