本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 アダプティブ・トランスフォーム・アコーステック・コーディング の意味 】
出典: ATRAC (総称) 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 ,URL: https://www.wdic.org

 ソニーの開発した音声圧縮技術のうち、当初ミニディスク用として開発された一連の技術のこと。公式サイトでは一回だけ「ATRACファミリー」という表現も使われている。

[概要]
 ATRACと名付けられた技術は様々あるが、それらは互いに別の技術で、相互の互換性などはない。しかし、これら技術を総称してATRACという。

[注意点]
 ATRAC2やATRAC3などの2や3は、ATRACのバージョン番号ではない。オリジナルのATRACはバージョン番号があり、1、2、3、3.5、4、4.5、Type-R、Type-Sなどがある。ただし、このバージョン番号と、ATRAC2やATRAC3などの2や3とは、何の関係もない。 ・・・
出典: ATRAC 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年10月9日 (火) 00:43 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ATRAC(アトラック、Adaptive TRansform Acoustic Coding)は、ソニーが開発したオーディオの非可逆圧縮技術・規格名、および後年開発された関連技術群の総称。いずれも、ソニーグループや、その他家電系メーカーの開発した規格・製品で主に利用される。

[呼称について]
 ATRAC2・ATRAC3などの名称の末尾についている数字はATRACのバージョン番号であると誤解されることがあるが、正しくは名称の一部である。ソニー製ATRAC1コーデックの名称として「ATRAC Ver.○○」が使われるため、前者としばしば混同されるが、ATRAC3はATRACの最新版ではなく、ATRAC Ver.3とATRAC3およびATRAC3plusは全くの別物である。ソニーは2005年秋より、これらすべての総称をATRACとすることで、規格混乱の収束を図っている。 ・・・


【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ATRAC (総称) (通信用語の基礎知識)
ATRAC (Wikipedia)

【 アダプティブ・トランスフォーム・アコーステック・コーディング の同義語と関連語 】
< 1 >
ATRAC Adaptive TRansform Acoustic Coding Adaptive TRansform Acoustic Coding 3 ədˈæptɪv trænsfˈɔɚm əkúːstɪk kóʊdɪŋ
アェダェプティヴ トゥラェンスフォーァム アクーステック コーディング アェダェプティヴ・トゥラェンスフォーァム・アクーステック・コーディング アダプティブ トランスフォーム アコーステック コーディング アダプティブ・トランスフォーム・アコーステック・コーディング
ATRAC Advanced Lossless ATRAC1 ATRAC2 ATRAC3
ATRAC3plus ATRAC技術 ATRAC系コーデック アトラック
アトラック3 アトラック3プラス エーティーアールエーシィー
audio compression 音声圧縮 音声圧縮技術 音声圧縮符号化
音声圧縮符号化技術

MD MDLP 非可逆圧縮 非可逆音声圧縮
Adaptive ədˈæptɪv アェダェプティヴ
アダプティブ 適応性のある Transform
trænsfˈɔɚm トゥラェンスフォーァム トランスフォーム 変換する
Acoustic əkúːstɪk アクーステック
アコーステック 音響の








ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム