本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 新しい小技 の意味 】
出典: Multiple Sub-Nyquist Sampling Encoding 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年11月15日 (火) 11:38 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 MUSE(Multiple Sub-Nyquist Sampling Encoding)とは、NHK放送技術研究所が1984年に開発したハイビジョン向けの映像圧縮技術である。日本におけるBS放送向けに開発されたがアメリカでのBS放送の便も考慮され、CATVや標準テレビ放送と同様にVSB-AM変調による地上波での放送実験、マイクロ波による中継実験、現在のデジタル放送で採用されているISDBシリーズが備えているような字幕・データ放送の実験などの諸実験が行われ、ハイビジョンLDの記録方式としても採用された。

[MUSEの特徴]
 MUSEの特徴は入力された映像をさいころの五の目(千鳥格子)状のサンプリングパターンとなるサブサンプリングを動きベクトルを利用して行うことと、色信号の多重化に色線順次TCIを用いてYC時分割多重を行ったことである。 ・・・


【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Multiple Sub-Nyquist Sampling Encoding (Wikipedia)

【 新しい小技 の同義語と関連語 】
< 1 >
MUSE方式 Multiple Sub-Nyquist Sample Encoding Multiple Sub-Nyquist-Sampling Encoding system multiple sub-nyquist sampling encoding
mˈʌltəpl sˈʌb nɪ́kwɪst モルゥティポル サブ ニクウェストゥ サェンプリィング エンコウディング シィステム モルゥティポル・サブ・ニクウェストゥ・サェンプリィング・エンコウディング・シィステム マルチプル サブ ナイキスト サンプリング エンコーディング システム
マルチプル・サブ・ナイキスト・サンプリング・エンコーディング・システム MUSE ミューズ ミューズ方式
多重サブサンプリング方式 多重サブサンプル方式













16:9 BSアナログハイビジョン BSハイビジョン放送 BS放送
HDTV HDTV放送 Hi-Vision アナログハイビジョン
アナログハイビジョン放送 ハイビジョン ハイビジョン放送 フィールド周波数 60.00Hz
高精細度テレビジョン放送 精細度 Nyquist
nɪ́kwɪst ニクウェストゥ ナイクィスト ナイクゥイスト
ナイクウェストゥ ナイキスト 新しい小技








ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム