本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 圧縮アルゴリズム の意味 】
出典: ハフマン符号 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年10月7日 (日) 03:42 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ハフマン符号(ハフマンふごう、英: Huffman coding)とは、1952年にデビッド・ハフマンによって開発された符号で、文字列をはじめとするデータの可逆圧縮などに使用される。ほかのエントロピー符号と同様、よく出現する文字には短いビット列を、あまり出現しない文字には長いビット列を割り当てることで、メッセージ全体の符号化に使われるデータ量を削減することを狙っている。コンパクト符号やエントロピー符号の一つ。JPEGやZIP (Deflate) などの圧縮フォーマットで使用されている。 ・・・
出典: 連長圧縮 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年3月31日 (土) 05:28 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

連長圧縮(れんちょうあっしゅく)は、データ圧縮アルゴリズムの一つで、可逆圧縮に分類される。ランレングス圧縮、RLE (Run Length Encoding) とも呼ばれる。

[符号化の原理] 連長圧縮では、ある連続したデータを、そのデータ一つ分と連続した長さで表現することで圧縮している。例えば、「A A A A A B B B B B B B B B A A A」は「A 5 B 9 A 3」と表せる。これは、Aが5回続き、そのあとにBが9回、そしてAが3回続いていることを表している(連続回数を、元のデータを表す符号の前に記録することもある。その場合、符号化した後は「5 A 9 B 3 A」と表される)。さらに、データがこの2種類(AとB)だけで、最初にAが来ることにしておけば、「5 9 3」だけで表せる。このルールに従ったときにBが最初に見つかった場合は、最初にAが0回連続していることにすれば良い。例えば、「B B B A A A A A B B B B B A A A」は「0 3 5 5 3」で表せることになる。こういったことから、白と黒以外にほとんど情報がないモノクロファクシミリでよく使われている。 ・・・


【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ハフマン符号 (Wikipedia)
連長圧縮 (Wikipedia)

【 圧縮アルゴリズム の同義語と関連語 】
< 1 >
Huffman coding hʌ́fmən kóʊdɪŋ ハフマェン コーディング ハフマェン・コーディング
ハフマェンコーディング ハフマェン符号 ハフマン符号 ハフマェン符号化
ハフマン符号化 Huffman Encoding Huffman encoding
hʌ́fmən ɛnkóʊdɪŋ ハフマン エンコーディング ハフマン・エンコーディング ハフマンエンコーディング












Arithmetic encoding data compression algorithm 圧縮アルゴリズム 圧縮符号化方式
映像符号化 算術符号化























【 圧縮アルゴリズム の同義語と関連語 】
< 2 >
連長圧縮 BI_RLE4 BI_RLE8 Compression-run Length Encodind
Microsoft RLE RLE RLEコード化形式 RLE圧縮
Run Length Compression Run Length Encoding run length compression Run-Length Encoding
アールエルイー ランレングスエンコーディング ランレングス圧縮 ランレングス符号化
ランレングス法










data compression algorithm 圧縮アルゴリズム 圧縮符号化方式




























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム