本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 エァンベディング の意味 】
出典: Object Linking and Embedding 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2015年2月22日 (日) 08:11 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Object Linking and Embedding (OLE、オブジェクトのリンクと埋め込み)は、マイクロソフトが開発した、オブジェクトをやり取りするための仕組み・規約である。 開発者に対しては、OLEコントロール拡張(OLE Control Extension, OCX)のような、カスタムユーザーインターフェイス要素の開発と利用をもたらす。

[概要]
 OLEは文書の一部分を他のソフトで編集させ、それを元の文書に取り込むことも可能にしている。たとえば、DTPでは、テキストをワープロソフト、図をペイントツールやドローツールで編集するといった具合である。また、他のデータへの参照を文書に含めることもでき、その場合参照先のデータが変更されると、参照が含まれる文書にも即座にその変更が反映される。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Object Linking and Embedding (Wikipedia)

パソコン工房 Microsoft Office 搭載パソコン インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
【 エァンベディング の同義語と関連語 】
< 1 >
OLE oʊ él íː オウエィルゥ オーエルイー
Object Linking & Embedding Object Linking and Embedding Object Linking Embedding άbdʒɪkt lɪ́ŋkɪŋ ənd
オァブジェクトゥ リィンキング アェンドゥ エァンベディング オァブジェクトゥ・リィンキング・アェンドゥ・エァンベディング オブジェクト リンキング アンド エンベッディング オブジェクト・リンキング・アンド・エンベッディング
OLE 1.0 OLE 1.1 OLE 2.0 OLEコントロール
アプリケーション間データ連携機能 アプリケーション間連携 アプリケーション間連携機能 アプリケーション間連結機能
オブジェクトのリンクと貼り付け オブジェクトのリンクと埋め込み





ActiveX embedded object OCX アクティブX
アクティブエックス エンベッディッド・オブジェクトゥ 埋め込みオブジェクト
Embedding ɛmbɛ́dɪŋ エァンベディング エンベディング
はめ込む 埋め込む 組み込む 貼り付ける















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム