本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 エイエルユー の意味 】
出典: ALU 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2014/05/13,URL: https://www.wdic.org

演算装置のうち、加減算と論理演算を実行できるもの。

[概要]
 マイクロプロセッサーに内蔵されるが、74シリーズとして4ビットALUの74181も提供されている。74181は24ピンのICで、オペコードとして演算を選ぶピンと、オペランドとして値を入力するピンと、結果が出てくるピンとがある。AとBという最大2個の値を4系統与えることができ、結果はFとして出力される。繰り上がりの有効無効を選ぶピンがあり、有効にすると繰り上がり処理も可能となっている。 ・・・
出典: ALU 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年5月29日 (水) 02:46 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

演算装置(えんざんそうち)は、コンピュータ(プロセッサ)の構成要素のひとつで、論理演算や四則演算などの演算をおこなう装置である。

[ALU]
 ALU(Arithmetic Logic Unit、漢字をあてて算術論理演算装置とも)は代表的な演算装置で、論理演算と加算および減算をおこなう。

[ALUの動作]
 コンピュータでは、コンピュータの利用目的としての計算以外にも、アドレスの計算などの目的で加算が多用されるため、高速な加算器が重要であり、桁上げ先読み加算器が使われる。この時、桁上げ先読みのためには入力の全桁のそれぞれについて論理和と論理積のゲートが必要であり、出力の全桁について排他的論理和が必要である。そのため、回路を工夫することで、高速な加算器と任意の論理演算のための装置をうまくひとつにまとめることができる。それがALUである。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ALU (e-Words)
ALU (通信用語の基礎知識)
ALU (Wikipedia)

【 エイエルユー の同義語と関連語 】
< 1 >
ALU əríθmətìk lάdʒɪk júːnɪt Arithmetic and Logic Unit Arithmetic and Logical Unit
Arithmetic Logic Unit Arithmetic Logical Unit Arithmetic-Logic Unit アゥリスゥマテック ロァジック ユーニトゥ
アゥリスゥマテック・ロァジック・ユーニトゥ アリスマテック エンドゥ ロジカル ユニット アリスマテック・エンドゥ・ロジカル・ユニット エイエルユー
エーエルユー 演算ロジック・ユニット 演算装置 演算論理ユニット
演算論理機構 演算論理装置 算術論理ユニット 算術論理演算ユニット
算術論理演算装置 数値演算ユニット





Arithmetic əríθmətìk アゥリスゥマテック アリスマティク
算術的な 四則演算 論理演算























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム