本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 华硕电脑股份有限公司 の意味 】
出典: ASUSTeK 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2014/01/08,URL: https://www.wdic.org/

台湾にある、PC/AT互換機のマザーボードおよび周辺機器メーカー。同社の製品パーツのブランド名はASUSである。

[会社概要]
● 商号(台湾): 華碩電腦股份有限公司 (ASUSTeK Computer Inc.)
● 商号(日本): ASUS JAPAN株式会社 (旧商号「アスーステックコンピューター」)社名ASUSは、ギリシャ神話の白馬ペガサス「Pegasus」の最後の4文字に由来する。ASUSTeKやASUSは色々な読まれ方をした(アサス、アスース、エイサス等)。商号から、従来はオフィシャルな読み方は「アスース」だったが、ユーザーがどのように読むかはユーザー次第という立場を維持していた。しかし、ASUSをグローバルな発音へ統一することと、「A+」の企業を目指すという方針から、2012(平成24)年10月1日より社名を「ASUS JAPAN株式会社」に変更するとともに、呼称も「エイスース」で統一することになった。
出典: ASUS 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年6月21日 (金) 07:27 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ASUSTeK Computer Inc.(エイスース テック・コンピューター・インク、中国語:華碩電腦股份有限公司)は、台湾の台北市に本社を置くPCおよびPCパーツ、スマートフォン、周辺機器製造メーカー。日本法人はASUS JAPAN株式会社。社名の正式な読みは、ASUS(エイスース)とされている。

[社名と由来] ブランド名として「ASUS」を使用しているが、これはPegasusに由来して付けられたものであり、 ・・・
ASUSの発音:当初、日本参入時からの「ASUS」の日本での読みは「アスース」が正式とされていた。日本法人の登記名も「アスース・ジャパン株式会社」であったが、2012年10月1日に「ASUS」の呼称を「エイスース」に統一し、同時に日本法人のアスース・ジャパン株式会社をASUS JAPAN株式会社に社名変更した。

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ASUSTeK (通信用語の基礎知識)
ASUS (Wikipedia)

【 华硕电脑股份有限公司 の同義語と関連語 】
< 1 >
ASUS ASUS JAPAN株式会社 ASUSTeK ASUSTeK Computer
ASUSTeK Computer Inc. ASUSTeK Computer,Inc. Eh-SUS https://www.asus.com/jp/
https://www.asus.com/tw/ アスース アスース・ジャパン株式会社 アスーステック コンピューター
アスーステックコンピューター エイスース エイスース テック・コンピューター・インク エイスーステック・コンピューター
エィスス エーサス テックウインド 華碩電腦股份有限公司
华硕电脑股份有限公司






エイスースが正式名 正式名はエイスース




























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム