本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 エイセゥメトゥリク ディジタゥルゥ サゥブスクライバゥー ラゥイン の意味 】
出典: ADSL 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年5月20日 (月) 15:28 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ADSL(エーディーエスエル、Asymmetric Digital Subscriber Line:非対称デジタル加入者線)とはデジタル加入者線(DSL)の1つであり、ツイストペアケーブル通信線路(一般のアナログ電話回線)を使用する上り(アップリンク・受信)と下り(ダウンリンク・送信)の速度が非対称(Asymmetric)な、高速デジタル有線通信技術、ならびに電気通信役務のこと。

[概要]
 ADSLの技術は1990年代にスタンフォード大学とベルコア社が提案したメタリックケーブルを利用した高速ディジタルアクセス技術である。ADSLは複数あるxDSL規格の1つである。xDSLの技術は大きく分けて上り信号と下り信号が同じだけの帯域幅を持つSDSL(Symmetric Digital Subscriber Line、対称デジタル加入者線)と上りと下りで帯域幅が異なるADSL(Asymmetric Digital Subscriber Line、非対称デジタル加入者線)に分けられ、またそれぞれの中でも細かな変調方式の違いやモデムチップメーカーの技術的な思惑の違い、技術革新による性能向上規格の登場、各国独自の既存電話事情、等によって多くの規格が乱立した。たとえば日本でのみ普及していたISDNの周波数帯とのノイズ干渉を避けるG.992(G.dmt/G.Lite)Annex C等が代表的である。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ADSL (Wikipedia)

【 エイセゥメトゥリク ディジタゥルゥ サゥブスクライバゥー ラゥイン の同義語と関連語 】
< 1 >
ADSL Asymmetric Digital Subscriber Line asymmetric digital subscriber line Asymmetrical Digital Subscriber Line
èɪsɪmétrɪk dídʒəṭl səbˈskraɪbər lάɪn エイセゥメトゥリク ディジタゥルゥ サゥブスクライバゥー ラゥイン エイセゥメトゥリク・ディジタゥルゥ・サゥブスクライバゥー・ラゥイン アシメトリック デジタル サブスクライバー ライン
アシメトリック・デジタル・サブスクライバー・ライン エーシメトリック デジタル サブスクライバー ライン エーシメトリック・デジタル・サブスクライバー・ライン エーディーエスエル
非対称ディジタル加入者線 非対称デジタル加入者線













Asymmetric èɪsɪmétrɪk エイセゥメトゥリク エイスィメトゥリック
エーシメトリック 不均衡の 非対称的な
52Mbps DSL HDSL high speed digital subscriber line
SDSL Symmetric Digital Subscriber Line VADSL VDSL
Very high data rate Digital Subscriber Line Very high speed Digital Subscriber Line Very high-bit-rate Digital Subscriber Line very high speed digital subscriber line
xDSL 対称デジタル加入者線 非対称速度型








ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム