本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 映像符号化 の意味 】
出典: ハフマン符号 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年10月7日 (日) 03:42 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ハフマン符号(ハフマンふごう、英: Huffman coding)とは、1952年にデビッド・ハフマンによって開発された符号で、文字列をはじめとするデータの可逆圧縮などに使用される。ほかのエントロピー符号と同様、よく出現する文字には短いビット列を、あまり出現しない文字には長いビット列を割り当てることで、メッセージ全体の符号化に使われるデータ量を削減することを狙っている。コンパクト符号やエントロピー符号の一つ。JPEGやZIP (Deflate) などの圧縮フォーマットで使用されている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ハフマン符号 (Wikipedia)

【 映像符号化 の同義語と関連語 】
< 1 >
Huffman Encoding hʌ́fmən kóʊdɪŋ hʌ́fmən ɛnkóʊdɪŋ Huffman coding
Huffman encoding ハフマゥン・コーディング ハフマン・エンコーディング ハフマンエンコーディング
ハフマン符号 ハフマン符号化

















Arithmetic encoding data compression algorithm 圧縮アルゴリズム 圧縮符号化方式
映像符号化 算術符号化
























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム