本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 エイダゥ・プロウグラェミング・サポーァトゥ・インヴァイァメントゥ の意味 】
source of reference: APSE (The Free Encyclopedia WikipediA) last edited 10 September 2019, at 14:21 UTC, URL: https://en.wikipedia.org/
Automatic translation

 da Programming Support Environmentの 略であるAPSEは、 Adaプログラミング言語でのソフトウェア開発をサポートするプログラミング環境の仕様でした。 これは、 米軍のAdaプロジェクトの第2段階を表しています。 言語が実装されると、ツールの標準セット、つまりAPSEを指定して実装する必要があると感じられました。 CAIS-A、共通APSEインターフェイスセットAは、MIL STD-1838Aで定義されました。
 CAISは一連のAda APIを定義して、オペレーティングシステム間で開発ツールの移植性を実現します。1988年の時点で、CAIS実装はUnix 、 VMS 、およびIBM MVS向けに開発中でした。 ...
出典: APSE 『フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)』 最終更新 28 June 2018, at 09:35 UTC、URL: https://en.wikipedia.org/

APSE standing for Ada Programming Support Environment was a specification for a programming environment to support software development in the Ada programming language. This represented the second stage of the U.S. military Ada project; once the language was implemented, it was felt necessary to specify and implement a standard set of tools, hence the APSE. CAIS-A, Common APSE Interface Set A, was defined in MIL STD-1838A. ...

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

APSE (Wikipedia)

【 エイダゥ・プロウグラェミング・サポーァトゥ・インヴァイァメントゥ の同義語と関連語 】
< 1 >
APSE Ada Programming Support Environment éɪdə próʊɡræ̀mɪŋ səpˈɔɚt ɪnvάɪərəmənt エイダゥ プロウグラェミング サポーァトゥ インヴァイァメントゥ
エイダゥ・プロウグラェミング・サポーァトゥ・インヴァイァメントゥ エイダ プログラミング サポート エンバイアメント エイダ・プログラミング・サポート・エンバイアメント Adaプログラミング支援環境
アプス


















Environment ɪnvάɪərəmənt インヴァイァメントゥ エンバイアメント
環境 周囲 周囲の状況























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム