本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 エイディーエスエル・トゥー の意味 】
出典: ADSL2 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2009/12/26,URL: https://www.wdic.org/

ADSLの拡張規格で、高速・長距離への対応を目的とする規格。

[概要]
 米Awareなどが提唱した、ADSLの拡張規格の一つ。
2002(平成14)年7月に規格化された、ITU-T G.992.3(G.dmt.bis)とITU-T G.992.4(G.lite.bis)という二つの規格の総称である。
従来のITU-T G.992.1(G.dmt)およびITU-T G.992.2(G.lite)の改良版であり、様々な技術を導入して、長距離でも安定した通信が可能なようにした。

[特徴]
趣旨
 かつてはG.bis ADSL2やG.dmt bisなどと呼ばれ、ADSL2承認前からイー・アクセスの12Mbps ADSLサービス「ADSLプラス」で、ADSL2の技術の一部が採用されていた。安定した通信が実現できれば、距離が伸びても速度の低下が減り、もって全体的な速度の底上げが見込まれる。
次のような技術でADSLの長距離化を実現した。
● 通信時の接続維持に用いるパイロット信号の周波数を16周波数から選択可能にして移動可能にする
● 信号伝送を安定させる
● トレリス符号化を採用してランダムノイズ対策を実施
このほか、回線状態に応じて随時リンク速度の変更をおこなうなど、長距離化と安定性確保のための対策が講じられている。

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ADSL2 (通信用語の基礎知識)

【 エイディーエスエル・トゥー の同義語と関連語 】
< 1 >
ADSL2 エイディーエスエル・トゥー Asymmetric Digital Subscriber Line 2 èɪsɪmétrɪk dídʒəṭl səbˈskraɪbər lάɪn túː
エイセゥメトゥリク ディジタゥルゥ サゥブスクライバゥー ラゥイン トゥー エイセゥメトゥリク・ディジタゥルゥ・サゥブスクライバゥー・ラゥイン・トゥー アシメトリック デジタル サブスクライバー ライン ツー アシメトリック・デジタル・サブスクライバー・ライン・ツー
エーシメトリック デジタル サブスクライバー ライン ツー エーシメトリック・デジタル・サブスクライバー・ライン・ツー エイディーエスエルツー G.992.3
ITU-T G.992.3 G.dmt.bis G.992.4 ITU-T G.992.4
G.lite.bis










ADSL Gシリーズ勧告 ITU-Tホワイトブック ITU-T勧告
Asymmetric digital subscriber line transceivers 2 エイシメトゥリク・ディジタゥル・サブスクライバー・ライン・トゥランシーバーズ・トゥー アシメトリック・デジタル・サブスクライバー・ライン・トランシーバー・ツー 非対称ディジタル加入者線送受信機2
Annex C





















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム